性感染症(STD)

性感染症(STD)

 

 

性感染症(STD)とは

性行為によりうつされる疾患を、性感染症(STD)と言います。

 

昔は性病と呼ばれていましたが、1999年に感染症法の施行に伴い、従来は性病に
含まれなかったクラミジアやエイズなどの病気を加え、性感染症と呼ばれるようになりました。

 

感染のメカニズム

性感染症に感染している人の精液、膣分泌液、血液、患部などに、STDの原因となる細菌や
ウイルスなどがふくまれています。その細菌やウイルスなどが、性行為により相手の性器、肛門
口などの粘膜や皮膚と接触することにより、性感染症(STD)に感染します。

 

性感染症は、自覚症状(自分で感じる症状)の出にくい病気も多く、今やごく普通のカップルでも
感染が広がっています。

 

STDの中でも、クラミジア、淋病、梅毒、カンジタ、尖圭コンジローム、性器ヘルペスは、口腔や
のどに病原菌が存在している場合も多く、この様な場合はオーラルセックスでも、感染する
場合があります。

 

予防するには

性感染症(STD)の感染を防ぐには、現状ではコンドームの着用が、一番良いとされていますが、
中には性器の直接接触以外でも、感染するケースがあります。その為、性感染症を防ぐ一番の
方法は、不特定多数の人との性行為(キスも含む)を避けて特定の人としか、しない事です。

 

 

感染リスク

性感染症に罹ると、男性の場合は、排尿時に痛みを感じたり膿が出たりします。
女性の場合は、おりものの量が増えたり、状態がかわったりします。
それ以外にも、皮膚にイボやしこりができるなど、さまざまな症状があります。
また、最近ではクラミジアのように、自覚症状が出にくい病気も増えてきています。

 

STDに感染すると、男女共に不妊症になり易くなりますし、万一妊娠中に、子供に感染すると
失明や死亡する場合もあります。

また、エイズウイルスであるHIVに感染する可能性が、5倍程度高まります。

 

性感染症は、おかしいと思ったら、早く病院へ行って検査・治療することが大事です。

 

比較的感染するケースが多い性感染症は、クラミジア、淋病、梅毒、ヘルペス、B型肝炎などです。
これに、男性であれば尖圭コンジロームが、女性であればトリコモナス膣炎が追加されます。

 

 

各疾患の特徴は下記の通りです。

 

 

クラミジア

クラミジアは、日本で感染者数が一番多いSTDです。
特に若い女性多く見られ、自覚症状に乏しいのが特徴です。

 

早めに気づいて、治療を行えば抗生物質で治りますが、放置して悪化させると、不妊症の原因になります。
男性の場合は、排尿時に痛みが出ます。

 

 

淋病

淋病は、STDの中でも、クラミジアに並び感染率が高い疾患です。
淋菌が性行為(オーラルセックス、キス等を含む)により、性器や口腔内に感染することにより
発症します。

 

男性の場合は、排尿や勃起時の強い痛み、尿道炎等が特徴です。
女性の場合は、膀胱炎や膣炎等の症状が見られますが、長い場合は数ヶ月間、自覚症状がない
場合が多いです。治療しないと、子宮頚管炎腹膜炎や前立腺炎を、発症させる場合があります。

 

 

梅毒

梅毒は、セックスのみならず、キスでも感染する場合があります。

 

感染して3週間程度で、感染部位に赤色をした、しこりのような初期硬結が発症しますが、
痛みなどが無いため、自覚しにくく、3ヶ月位進行して(第二期)初めてわかることも多い疾患です。
進行すると、脳や神経が侵される事もあります。

 

 

ヘルペス

ヘルペス(性器ヘルペス、GH)は、性的な接触によって、ウイルスが感染する性感染症の一つで
ヘルペスウイルスによる水ぶくれが、性器やお尻の周辺にできる疾患です。

 

男性の場合は、亀頭(ペニスの先端)、包皮、陰茎体部、お尻に最もよくみられますし、
女性の場合は外陰、膣の入り口とお尻にみられます。患部は子宮頸部に及ぶこともあります。

 

ヘルペスは一度発症すると、度々再発する事が多く、男性より女性に多い性感染症です。

 

 

B形肝炎

B型肝炎とは、性行為を媒体として、B型肝炎ウイルス(HBV)に感染することにより発症する
肝炎です。HBVキャリア(HBVを体内にもっている人)の、血液や体液に接することにより、感染し
最終的には、肝硬変や肝臓がんを発症する場合もあります。

 

 

尖圭コンジローム

尖圭コンジロームは、2〜3ヶ月の潜伏期を経てから発症します。

 

亀頭の根元や包皮、陰嚢、肛門周辺に、米粒大のイボのようなものが数個でき、数が増えると共に
小豆くらいに大きくなり、炎症が起きると、痛みやかゆみを、伴うこともあります。
陰茎がんとの関係が、指摘されているSTDです。

 

 

トリコモナス膣炎

トリコモナス膣炎とは、トリコモナス原虫という一種の寄生虫が、膣内に入って感染し、
炎症を起こします。トリコモナス膣炎に感染すると、悪臭を伴う泡状の黄色いおりものが多くなります。

 

また、外陰部に激しいかゆみ出て、外陰部がただれて赤く腫れます。
通常性行為で感染しますが、稀に公共施設の脱衣場で、感染することもあります。

 

 

性器カンジダ症

性器カンジダ症は、カビの一種であるガンジダ菌が、病原体となり発症します。
主に女性に多い症状で、性行為でも感染しますが、元々体内に保有している為、疲れて免疫力が
低下している場合などには、性行為なしで発症する場合もあります。

 

男性にも感染しますが、男性では殆ど感じません。
女性の場合は、膣と外陰部に、同時に症状が現れることが多く、外陰部や膣のかゆみ 、
ヨーグルト状のおりものの増加 、性器の炎症(灼熱感、痛み)、性交痛、排尿障害等が起こります。

 


男の悩み解消お役立ち


息子の元気がなくて困っている貴方へ
誰にも知られずあの熱いドクドク感を感じたい
こっそりと男の自信を取り戻したい貴方へ

マンネリ解消・ナイトライフの充実に!
あの素晴しい夜を取り戻したい貴方へ

小さい・早い・皮か◯り解消
もう悩む必要はありません

出会いから恋愛・結婚ならここ
恋愛ベタ・出会いに自信のない貴方へ

関連ページ

男の性欲と女の性欲の違い
男性の性の悩みと女性の性の悩みの違いとは
性欲減退|性欲減退の原因と解消法
性欲低下とストレスと男性ホルモンの関係
性欲の低下解決情報|パートナー(女性)の性欲が低下したらどうする
性欲とダイエット/ダイエットは性欲の大敵
食欲と性欲の関係とは!男の悩み解消サロン!
色と性欲・セックスカラーとは
生活環境と性生活の関係の大切さとは。男の悩み解消サロン!
マンネリ対策法!男の悩み解消サロン!
淫らな妄想&エッチな妄想|妄想パワーは性欲減退を防ぐ☆男の悩み解消サロン!
年の差婚(年の差恋愛)と性生活
中高年男性の下半身を救う早朝散歩
不感症の原因!男の悩み解消サロン!
不感症から脱出するには☆男の悩み解消サロン!
女性の性欲が高まる時とは
催淫効果と催淫剤
性欲の強い女性を見分ける方法☆男の悩み解消サロン!
ラブドラッグ(合法ドラッグ)の魅力とリスク|男の悩み解消サロン!
パチュリの催淫効果!パチュリオイルの持つラブパワーとは
ローズウッドと性感!ローズウッドオイルのパワーは催淫パワー
ジャスミンパワー|ジャスミンオイルの催淫効果とは
メンソールタバコはインポの原因とはウソ・ホント
年をとってからの子供は出来が悪いって本当?
巨乳と貧乳どちらが良い。男の悩み解消サロン!
陰毛を剃ると女性の性感は低下する
性欲を弱くしたい時はこうしよう☆男の悩み解消サロン!
唇(くちびる)にまつわる言い伝えとは|男の悩み解消サロン!
もし、避妊に失敗してしまったら!男の悩み解消サロン!
今日は安全日/安全日って本当に安全なの
自慰(オナニー)の効果!男の悩み解消サロン!
性交痛は女性のED
腹上死は昼下がりに起こる〜昼下がりの情事が危険な訳とは〜
膣外射精の危険性についてご紹介します。☆男の悩み解消サロン!
ピルのメリット&デメリットとは!知らずに使うとヤバイっす☆男の悩み解消サロン!
男性の不妊症〜男性不妊の原因と対策|男の悩み解消サロン!
インポテンツは狭心症のサインって本当ですか?男の悩み解消サロン!
FSD(女性性機能障害)の原因がEDって本当?男の悩み解消サロン!