脂肪細胞

脂肪 細胞

ダイエット情報サロン!  ダイエット情報満載で素敵な
    ダイエット生活を応援します!
  スポンサードリンク
 

  健康管理士がお届けするダイエット情報満載の肥満解消サイト
                       
「ダイエット情報サロン!」へようこそ

  ダイエット情報サロンは、健康管理士の認定を持つ管理人が、ダイエットを成功に導くために必要な情報を
  ご紹介しているサイトです。

  以前はダイエットにチャレンジする方は、主に若い女性でしたが、現在はメタボリックシンドロームに関係する
  内臓脂肪型肥満の増加などにより、男性や中高年の方々が、ダイエットにチャレンジする事が多くなりました。

  それを裏付けるかの様に、ダイエットに関係する情報やダイエット関連製品が人気を集めています。
  そして、現在は過去数回のダイエットブームを上回るダイエットブームとも呼ばれています。

  しかし、この様なダイエットブームの裏側でダイエットに挑戦し、失敗を繰り返す方も数多くいらっしゃいます。
  中には、単なる肥満解消(ダイエット)に失敗するだけでは無く、痩せにくい体質に変わってしまったり、体調を崩す
  方もいらっしゃいます。この様な不幸は事は、ダイエットの基本とも言うべき事を知らなかったり、誤解していたり
  する為に起こります。

  ダイエット情報サロンでは、この様な健康ダイエットを阻害する情報に惑わされないように、ダイエット失敗の
  原因となる間違いダイエットに関する情報や、ダイエットと食の関係、肥満に関係する栄養情報、肥満対策情報、
  肥満解消の為の運動関係情報などのダイエットの基本とも呼べる情報も、数多くご紹介しています。

  現在は数多くのダイエット法などの情報が取沙汰されていますが、ダイエットの基本は、栄養(食)と
  運動とストレスコントロールです。いわゆる、摂取カロリーと消費カロリーを上手にコントロールする事が大切です。

  このようなダイエットの基本を知らず、ダイエットに取り組んでみても結果的に失敗する事が多いです。

  当サイトでは、ダイエット法や珍しいダイエット情報についてもご紹介していますが、それ以上にダイエットの
  基本的な部分に力を入れてご紹介しています。その為、ダイエット初心者の方にも優しい内容となっています。

  他にも、ダイエット用語集や肥満解消情報、肥満と関係する病気などの医学情報もご紹介しています。
  そして、健康ダイエットを目的に、ダイエットに成功して健やかな毎日をお送り頂く事を願って作成しました。

  当サイトを通して一人でも多くの方のダイエット成功のお役に立てましたら幸いです。

  どうぞ、ダイエット情報満載で素敵なダイエット生活を応援するお役立ち情報サイト  
  「ダイエット情報サロン」をごゆっくりとご覧下さい。

スポンサードリンク
   
 ダイエット情報サロンHOOMダイエット用語集>脂肪細胞


                

                脂肪細胞のページ!



          脂肪細胞に関する情報をご紹介します。

  脂肪細胞は、肥満の出身地とも言える程、肥満やダイエットに深く
 関係する細胞です。この脂肪細胞の数や変化の状態により、肥満体質か
 どうか、また、万一肥満したとしても、ダイエットしやすいかどうかが決まって
 きます。

 脂肪細胞には主に、2種類の脂肪細胞があります。この2種類の中で、
 肥満に深く影響を及ぼすのは、白色脂肪細胞と言う脂肪細胞です。

 白色脂肪細胞は、中に、中性脂肪を蓄えて、エネルギー貯蔵庫の働きを
 しますので、肥満と深い関係を持ちます。もう一つの脂肪細胞である、
 褐色脂肪細胞は、身体の体温保持を行う、体熱産生に関係する為、肥満
 には影響しません。ですので、ダイエット関係で、脂肪細胞と言った場合は
 白色脂肪細胞を指します。

 白色脂肪細胞(今後は、白色を省略し脂肪細胞と記述させて頂きます)は、
 成人で約300億前後ありますが、個々の脂肪細胞には、脂肪球と呼ばれる
 中性脂肪が詰め込まれています。私達人間は、太っていても痩せていても
 脂肪細胞を持つわけですが、同じ脂肪細胞(白色脂肪細胞)でも2種類の
 タイプの脂肪細胞を持つ人に分かれます。

 これは、脂肪細胞の数は変わらないのに、太ってくると、個々の脂肪細胞の
 サイズが大きくなるタイプと、脂肪細胞の数が増えている為に、太り易い
 体質を持つタイプです。

 この中で、中年になって、太ってくるような人は、脂肪細胞の個々のサイズが
 大きくなるタイプです。対して、乳幼児期や幼少期に太っている人は、脂肪
 細胞の数が増えているタイプです。この両者を比較すると、同じ太った時に
 痩せ易いのは、脂肪細胞のサイズが、大きくなるタイプです。

 一度太ったとしても、ダイエットで脂肪を燃焼すると、膨らんだ風船が萎む
 みたいに、脂肪細胞も小さくなるので、比較的ダイエットしやすいのです。

 これに対し、幼少期に太っている人は、脂肪細胞の数自体が多いので、
 中々肥満解消が出来にくいのです。特に一番怖いのは、幼少期に太って
 いる方が、大人になっても太っている場合です。この場合は脂肪細胞が
 多い状態で、個々の脂肪細胞が大きくなるので、肥満の度合いも、とても
 大きく、痩せにくいと言う事になります。

 このタイプは、極端な肥満体型や、肥満症と言う病気の方に多いようです。
 ですので、幼少期の肥満防止が大切です。人間の脂肪細胞が増える
 時期は、一生の中で、胎児期(妊娠末期の3ヶ月)と乳児期(1歳程度
 まで)、思春期の3つの時期しかありません。肥満予防の第一は、この
 時期に、脂肪細胞の数を増やさない(太らない)事です。

 また、中高年の肥満は、解消し易いですが、内臓脂肪型肥満の場合も
 多く、この場合は生活習慣病のリスクが高まりますので注意が必要です。

        スポンサードリンク
  


      ☆メニュー☆

 ☆ダイエット成功の為に!

 ☆肥満予防と対策

 ☆脂肪燃焼とダイエット効果

 ☆間違いダイエットに気をつけよう

 ☆失敗ダイエットとは


 ☆男性のダイエット

 ☆注意!隠れ肥満

 ☆男のダイエット-昼食のポイント

 ☆男のダイエットと外食

 ☆肥満とED~
     健やかな性生活の為に!



 ☆女性のダイエット

 ☆部分痩せダイエットの真実

 ☆不感症と肥満~
     健やかな性生活の為に!



 ☆中高年のダイエット

 ☆内臓脂肪燃焼で肥満対策を!

 ☆肥満と病気

 ☆肥満症とは


 ☆肥満と食事

 ☆ダイエット食の基本とは

 ☆ご飯は太るって本当?

 ☆ダイエットの弊害!
  インスタント&ファーストフード


 ☆ダイエットとお菓子のページ
 
 ☆夜食とダイエット

 ☆お酒の飲み方とダイエット

 ☆ダイエットサプリメントの効果とは

 ☆ダイエットサプリメントと健康食品

 ☆禁煙とダイエット
 
 ☆ダイエットと運動


 ☆ダイエット用語集

 ☆シェイプ・ダイエット用語集

 ☆色々なダイエット法

 ☆ダイエット方法

 ☆肥満と栄養情報

 ☆肥満対策栄養情報

 ☆肥満解消情報

 ☆健康ダイエット情報



 ☆プロフィール&リンク集




Copyright (C) ダイエット情報サロン All Rights Reserved