血流

血行不良

ダイエット情報サロン!  ダイエット情報満載で素敵な
    ダイエット生活を応援します!
  スポンサードリンク
 

  健康管理士がお届けするダイエット情報満載の肥満解消サイト
                       
「ダイエット情報サロン!」へようこそ

  ダイエット情報サロンは、健康管理士の認定を持つ管理人が、ダイエットを成功に導くために必要な情報を
  ご紹介しているサイトです。

  以前はダイエットにチャレンジする方は、主に若い女性でしたが、現在はメタボリックシンドロームに関係する
  内臓脂肪型肥満の増加などにより、男性や中高年の方々が、ダイエットにチャレンジする事が多くなりました。

  それを裏付けるかの様に、ダイエットに関係する情報やダイエット関連製品が人気を集めています。
  そして、現在は過去数回のダイエットブームを上回るダイエットブームとも呼ばれています。

  しかし、この様なダイエットブームの裏側でダイエットに挑戦し、失敗を繰り返す方も数多くいらっしゃいます。
  中には、単なる肥満解消(ダイエット)に失敗するだけでは無く、痩せにくい体質に変わってしまったり、体調を崩す
  方もいらっしゃいます。この様な不幸は事は、ダイエットの基本とも言うべき事を知らなかったり、誤解していたり
  する為に起こります。

  ダイエット情報サロンでは、この様な健康ダイエットを阻害する情報に惑わされないように、ダイエット失敗の
  原因となる間違いダイエットに関する情報や、ダイエットと食の関係、肥満に関係する栄養情報、肥満対策情報、
  肥満解消の為の運動関係情報などのダイエットの基本とも呼べる情報も、数多くご紹介しています。

  現在は数多くのダイエット法などの情報が取沙汰されていますが、ダイエットの基本は、栄養(食)と
  運動とストレスコントロールです。いわゆる、摂取カロリーと消費カロリーを上手にコントロールする事が大切です。

  このようなダイエットの基本を知らず、ダイエットに取り組んでみても結果的に失敗する事が多いです。

  当サイトでは、ダイエット法や珍しいダイエット情報についてもご紹介していますが、それ以上にダイエットの
  基本的な部分に力を入れてご紹介しています。その為、ダイエット初心者の方にも優しい内容となっています。

  他にも、ダイエット用語集や肥満解消情報、肥満と関係する病気などの医学情報もご紹介しています。
  そして、健康ダイエットを目的に、ダイエットに成功して健やかな毎日をお送り頂く事を願って作成しました。

  当サイトを通して一人でも多くの方のダイエット成功のお役に立てましたら幸いです。

  どうぞ、ダイエット情報満載で素敵なダイエット生活を応援するお役立ち情報サイト  
  「ダイエット情報サロン」をごゆっくりとご覧下さい。

スポンサードリンク
   
 ダイエット情報サロンHOOMダイエット用語集>血流と血行不良


                

              血流と血行不良のページ!



       血流血行不良に関する情報をご紹介します。

  肥満を解消して、ダイエットに成功する為には、血液の働きが大切です。
 血液が、全身の細胞に栄養を供給し、老廃物を排出するからです。
 この働きを司るのが、血流血行です。

 その為、血流が低下したり、血行不良を起すと、身体には様々な悪影響を
 及ぼします。各影響の中には、ダイエットと深い関係を持つ、肥満体質、
 冷え症むくみ便秘と言った比較的軽い疾患から、糖尿病コレステロール
 血症、脳疾患、心臓疾患といった、生命の危険を伴う疾患まで含まれます。

 血流とは、血液が血管内を流れる、血液の流れの事で、血液が心臓の
 ポンプ機能によって押し出され、体内各所の細胞や、臓器を回って、心臓
 に戻ってくる、一連の血液循環のことです。1秒間に、何センチ血が流れる
 かを表し、その数字が高ければ、高いほど、血の巡りがいいことを示します。

 血液は、肺から送られた酸素や、食物摂取を通じて吸収した栄養を、
 動脈を通じて、細胞や脳や筋肉など全身に送る役目をし、老廃物を、
 静脈で引き取って、最終的に心臓に戻し、肺で、再び綺麗な酸素を
 取り込みます。血流が悪いと、体調不良や生活習慣病の原因になったり、
 冷え性などの、不定愁訴を引き起こしたりします。

 また、常に血流が悪いという事は、血液が汚れている場合が多く、肥満
 体質を作ったり、動脈硬化などを促進する原因にも繋がります。


  血行とは血液の流れの事で、自律神経が、血管の伸縮を調整し、
 コントロールしています。自律神経中の、交換神経が血管を縮め、
 血液への抵抗を大きくし、血管や筋肉を硬くして、柔軟性が低下すると、
 血行不良の状態となり、副交感神経は、血管を広げて血液への抵抗を
 小さくし、血管、筋肉の柔軟性を向上させ、血行が良好な状態を作ります。

 通常、血行は、外気温、運動後等の体温保持の目的で、自律神経が
 血流を調整しますが、長時間同じ姿勢をとったり、姿勢が悪かったりすると
 筋肉が硬くなり、血流が悪くなります。また、血行不良は簡単に捉えがち
 ですが、運動不足で、血行が悪くなると、手足のむくみ、だるさがでます。

 これは肥満を初め、色々な病気の原因となりますし、ストレスでも、
 自律神経のバランスに影響を及ぼすので、血流低下に繋がります。
 この様な、血行障害から、生活習慣病(肥満、糖尿病、脳梗塞、脳出血、
 心筋梗塞等)等の病気を引き起こすこともあるので、慢性の血行不良は
 注意が必要です。

        スポンサードリンク
  


      ☆メニュー☆

 ☆ダイエット成功の為に!

 ☆肥満予防と対策

 ☆脂肪燃焼とダイエット効果

 ☆間違いダイエットに気をつけよう

 ☆失敗ダイエットとは


 ☆男性のダイエット

 ☆注意!隠れ肥満

 ☆男のダイエット-昼食のポイント

 ☆男のダイエットと外食

 ☆肥満とED~
     健やかな性生活の為に!



 ☆女性のダイエット

 ☆部分痩せダイエットの真実

 ☆不感症と肥満~
     健やかな性生活の為に!



 ☆中高年のダイエット

 ☆内臓脂肪燃焼で肥満対策を!

 ☆肥満と病気

 ☆肥満症とは


 ☆肥満と食事

 ☆ダイエット食の基本とは

 ☆ご飯は太るって本当?

 ☆ダイエットの弊害!
  インスタント&ファーストフード


 ☆ダイエットとお菓子のページ
 
 ☆夜食とダイエット

 ☆お酒の飲み方とダイエット

 ☆ダイエットサプリメントの効果とは

 ☆ダイエットサプリメントと健康食品

 ☆禁煙とダイエット
 
 ☆ダイエットと運動


 ☆ダイエット用語集

 ☆シェイプ・ダイエット用語集

 ☆色々なダイエット法

 ☆ダイエット方法

 ☆肥満と栄養情報

 ☆肥満対策栄養情報

 ☆肥満解消情報

 ☆健康ダイエット情報



 ☆プロフィール&リンク集




Copyright (C) ダイエット情報サロン All Rights Reserved