男性 ダイエット

ダイエット 男性

ダイエット情報サロン!  ダイエット情報満載で素敵な
    ダイエット生活を応援します!
 スポンサードリンク
 

  健康管理士がお届けするダイエット情報満載の肥満解消サイト
                       
「ダイエット情報サロン!」へようこそ
   
  ダイエット生活を応援するダイエット情報サロンでは、多くの方々のダイエットを失敗させる間違いダイエット情報や
  ダイエットを成功に導く為のダイエット情報を豊富にご紹介しています。

  また、近年では肥満の解消のみならず、メタボリックシンドロームに代表されるような、内臓脂肪等の病気や
  生活習慣病対策等の病気予防を目的として、ダイエットに取り組む男性の方や中高年の方々も増えています。

  当サイトでは、その様な、男性のダイエットに対する情報や中高年のダイエットに関する情報も掲載しています。
  更に、肥満解消を目的とするダイエットには食事もとても大切です。その為、ダイエットと食の関係に対しても
  取り上げていますし、外食や飲酒、喫煙などと肥満の関係も取り上げています。

  当サイトを通して一人でも多くの方のダイエット成功のお役に立てましたら幸いです。
  どうぞ、ダイエット情報満載で素敵なダイエット生活を応援するサイト
   「ダイエット情報サロン」をごゆっくりとご覧下さい。

         ☆人気NO1☆
          簡単・手軽にダイエット成功!さあモテ男に変身しよう

 スポンサードリンク
 
 ダイエット情報サロンHOOM>男性のダイエット


                

                男性のダイエットのページ!



  男性の肥満対策である、男性のダイエットに多く見られる、
 間違いダイエット方法の一つとして、朝食を抜くと言う行為があります。

 一般的に、若い男性サラリーマンに多く見られる、この朝食を抜くという
 行為は、健康上の問題はあるかもしれないけど、食べなければ痩せる
 ので、ダイエットになると考えられて行っている方が多いようです。

 然し、この朝食を抜くと言う行為は、一部のダイエット法として確立されて
 いる断食ダイエット等を除き(断食は専門家の指導の元に行う必要が
 あります)健康上問題があるだけではなく、逆にダイエットの効果を
 阻害して、肥満の原因となります。

  肥満を簡単に言うと、摂取カロリー(食べたり、飲んだりする事により体内
 に取り込まれるエネルギーの総称で、飲食物の中で実際にカロリーと
 なるのは、炭水化物、たんぱく質、脂肪の3種類のみ)に対し、消費カロリー
 (生命維持活動に利用される基礎代謝や、家事や運動等で消費される
 カロリーの総称)が下回った場合に、余ったカロリーが体脂肪として体内に
 蓄えられる為に肥満となります。

 ですので一見すると、この朝食を抜くと言う行為は、食事の回数を減らす
 事により、取カロリーを減らせるので、理にかなっている様に感じられ、
 接待等で夜遅く食事をする機会が多い男性を中心として、男性でダイエット
 に取り組んでいる人が行う事が多いのですが、実際はダイエットどころか、
 肥満の原因となります。

  朝食を抜く人の食事のパターンの多くは、朝食抜きで出勤して、昼食は、
 丼物などで簡単に済ませて、夜にはたっぷりと食べると言うパターンです。

 この様な、食事のスタイルに慣れてしまうと、間違いなく肥満を進行させて
 しまいます。

 そして、単なる肥満だけでは無く、近年、男性に多く、生活習慣病の大きな
 危険因子と言われている、メタボリックシンドロームと言われる内蔵脂肪にも
 悩まされる事になります。

  (内臓脂肪型の肥満であるメタボリックシンドロームについて詳しく
  知りたい方はこちらのページをどうぞ→メタボリックシンドロームのページ
  

 以前は、食事の回数を減らしても、問題は無いと言う意見も、実際に
 ありましたが、現在では様々な研究機関の実験から、同じ量の食事を
 1回で摂るのと、数回に分けて摂るのでは、少ない回数で摂った方が、
 体脂肪の蓄積が多いという事が、明らかになっていますし、上記の様な
 食事パターンではどうしても、揚げ物、ラーメン、肉類等の高カロリー食を
 多く摂る傾向にある為、メタボリックも促進し易いのです。

 特に、朝食を抜き昼食を軽く済ませると、その分お腹がすくので、通常よりも
 カロリーの高い食事が、夜になると食べたくなる傾向があります。

 人の身体は、自律神経という、目に見えない神経回路でコントロールされて
 いますが、昼間は自律神経の中の、交感神経が優位に働く為、胃が活発に
 活動して消化が進みます。

  それに対して夜は、交感神経は抑制され、副交感神経が優位に働く為、
 腸管の働きが低下し、吸収した栄養素は、体内に蓄積され易くなります。

 簡単に言うと、朝食で摂取されるカロリーは、日中の活動で消費されますが、
 夜に摂ったカロリーは消費されにくいのです。

 この様に身体の持つ機能面から考えても、朝食を抜いて夕食に多く食べる
 と言う食生活は、ダイエットの大敵となり、肥満の原因となります。

 また、ダイエット以外の健康面でも、朝食を抜くと大きくマイナスに働く点が
 あります。
 それは、朝食を抜くと、午前中の脳の活性化を阻害すると言う点です。

 脳が活発に働く為には、糖質等の、体内で直に燃える事が出切る
 エネルギーが必要ですが、体内に蓄えられているエネルギーは、
 使用する事が出来ません。

 その為、安易に朝食を抜く食生活をしていると、頭が回らず、大事な仕事や
 授業に悪影響を及ぼす危険性があります。

 特に、この様な食事スタイルは、男性に多く、30代男性の約18%、
 20代では、約25%以上の人の見られ、男のダイエット等といわれている
 間違ったダイエット方法です。

 健康にダイエットを行う為には、1日3食バランス良くきちんと摂る事が
 必要です。

          スポンサードリンク
  

 ☆関連情報ページ☆

  ・男のダイエット-昼食のポイント
  ・男のダイエットと外食
  ・ダイエットは男性の方が成功しやすい
  ・男性のセルライトとは!
  ・脂肪吸引と男性
 



      ☆メニュー☆

 ☆ダイエット成功の為に!

 ☆肥満予防と対策

 ☆脂肪燃焼とダイエット効果

 ☆間違いダイエットに気をつけよう

 ☆失敗ダイエットとは


 ☆男性のダイエット

 ☆注意!隠れ肥満

 ☆男のダイエット-昼食のポイント

 ☆男のダイエットと外食

 ☆肥満とED~
     健やかな性生活の為に!



 ☆女性のダイエット

 ☆部分痩せダイエットの真実

 ☆不感症と肥満~
     健やかな性生活の為に!



 ☆中高年のダイエット

 ☆内臓脂肪燃焼で肥満対策を!

 ☆肥満と病気

 ☆肥満症とは


 ☆肥満と食事

 ☆ダイエット食の基本とは

 ☆ご飯は太るって本当?

 ☆ダイエットの弊害!
  インスタント&ファーストフード


 ☆ダイエットとお菓子のページ
 
 ☆夜食とダイエット

 ☆お酒の飲み方とダイエット


 ☆ダイエットサプリメントの効果とは

 ☆ダイエットサプリメントと健康食品

 ☆禁煙とダイエット
 
 ☆ダイエットと運動


 ☆ダイエット用語集

 ☆シェイプ・ダイエット用語集

 ☆色々なダイエット法

 ☆ダイエット方法

 ☆肥満と栄養情報

 ☆肥満対策栄養情報

 ☆肥満解消情報

 ☆健康ダイエット情報




 ☆プロフィール&リンク集




Copyright (C) ダイエット情報サロン All Rights Reserved