酒の飲み方

酒の飲み方

ダイエット情報サロン!  ダイエット情報満載で素敵な
    ダイエット生活を応援します!
 スポンサードリンク
 

  健康管理士がお届けするダイエット情報満載の肥満解消サイト
                       
「ダイエット情報サロン!」へようこそ
   
  ダイエット生活を応援するダイエット情報サロンでは、多くの方々のダイエットを失敗させる間違いダイエット情報や
  ダイエットを成功に導く為のダイエット情報を豊富にご紹介しています。

  また、近年では肥満の解消のみならず、メタボリックシンドロームに代表されるような、内臓脂肪等の病気や
  生活習慣病対策等の病気予防を目的として、ダイエットに取り組む男性の方や中高年の方々も増えています。

  当サイトでは、その様な、男性のダイエットに対する情報や中高年のダイエットに関する情報も掲載しています。
  更に、肥満解消を目的とするダイエットには食事もとても大切です。その為、ダイエットと食の関係に対しても
  取り上げていますし、外食や飲酒、喫煙などと肥満の関係も取り上げています。

  また、現在は数多くのダイエットサプリメント等のダイエット関係商品や痩身法も巷に溢れています。
  そして、その中にはダイエットを失敗させるばかりか最終的に健康被害に繋がる情報も溢れています。

  その様なダイエット情報に惑わされない必要があり、その為には肥満の原因やメカニズムなどの、肥満対策に対する
  正しい知識を得る必要があります。それには肥満を予防・解消していく為の基礎となる情報が必要です。

  「ダイエット情報サロン」は、その様なダイエットに対する基礎的な情報から通常では余りご存じない情報まで
  幅広くご用意してあります。そして、ダイエットが成功して健やかな健康生活をお送り頂く事を願って作成しました。

  当サイトを通して一人でも多くの方のダイエット成功のお役に立てましたら幸いです。
  どうぞ、ダイエット情報満載で素敵なダイエット生活を応援するサイト
   「ダイエット情報サロン」をごゆっくりとご覧下さい。

 スポンサードリンク
 
 ダイエット情報サロンHOOM>お酒の飲み方とダイエット


                

           お酒の飲み方とダイエットのページ



  お酒の飲み方と、ダイエットについてご紹介します。

 多くのダイエッターに取って、お酒の飲み方は、肥満解消を目指す上で、
 大事な事の一つのようです。

 お酒の飲み方については、通常でも、健康面やマナーなど、社会人と
 して大事な事の一つですが、更に、肥満解消と言う事が加わってくると、
 お酒の飲み方は、一層大事になって来ます。

 実際には、シェープアップの為に、減量をしている方から見ると、お酒の
 カロリーと言うのは、総じて高めの為、余りお奨めできません。

 例を取ると、アルコールは、脂肪ほどでは無いものの、ご飯類等の炭水
 化物と比較すると、倍とまでは行かないものの、倍近い位のカロリーが
 あります。

  その為、飲酒の結果、カロリーの過剰摂取になり、肥満に繋がったと
 言う方が、とても多いのです。特に男性サラリーマンに、この傾向は、
 強く現われています。

 特に、30代のサラリーマンでは、毎日飲酒するという人が全体の
 約4割に上るというデーターもあります。

 この様に本来、肥満解消としては、アルコールは余りお奨め出来ない
 飲み物なのですが、実際には、チョイと一杯のつもりで飲んで~♪と
 言う唄がある位、多くに方に取って、お酒、アルコールと言う物は、欠かす
 事の出来ない飲み物の一つではないでしょうか。

 特に中高年男性の場合、
   他の事は我慢できてもこれだけは我慢ができね~、
 とおっしゃる方が多いようです。

 確かに、適度なお酒はストレス発散にも役立ちますし、食事を楽しく
 演出してくれるという面もあります。

 また、中には、接待で飲まない訳には行かないという方も多いでしょう。

 最近では、女性の方もワインを初め、様々なジャンルのお酒を楽しまれる
 方も、ドンドン増えています。

 この様な現実の中で、多くのダイエッターは、お酒を口にする機会が多い
 のも事実ではないでしょうか。

 であるならば、お酒の飲み方をしっかりと理解して、ダイエットと共存できる
 ようにしましょう。


  ダイエットに関するお酒の飲み方で、気をつけなければならない点は
 何点かありますので、簡単にまとめてご紹介します。


 まず最初に、一番大事な事は、過剰な飲酒の怖さをしっかりと理解すると
 言う事です。この事が大前提となります。

 過剰な飲酒は、肥満を促進するだけでは無く、高血圧や糖尿病、動脈硬化、
 内臓脂肪症候群(メタボリック)などを発症させる大きな要因となり、最終的
 に、生活習慣病へと進行します。

 この事を、しっかり理解して頂いた上で、次のポイントに行きます。


 次は、自分に合った飲酒量をしっかり理解する。と言う事です。

 この飲酒量と言うのは、肝臓のアルコール処理能力により、個人差が
 ありますが、一般的には、日本酒では一合、ビールなら500mi、
 ワインでは、グラス約2杯、ウイスキーならWで1杯、焼酎なら100mi
 (25度の場合)位が目安です。

 仮に、この量でも悪酔いをしたり、次の日に影響が出る方は、肝機能の
 アルコール処理能力が劣ると言う事ですので、もっと少ない量を設定
 してください。

 次はノンアルコールデーを設ける事です。

 ノンアルコールデーとは、一切アルコールを口にしない日の事で、
 いわゆる休肝日と言われる日の事です。

 出来れば週2日、最低でも週1日は必要ですが、ダイエット中は、最低
 でも、週に2日は設けましょう。

 また、接待や付き合いなどで、前日に多く飲んでしまった時は、翌日は
 飲まないようにする事が大事です。

 この訳は一日の摂取カロリーをオーバーした場合、同じ週の内で、調整
 しようと言う為です。


 次は、年末年始などの宴会シーズンに対してですが、この様な時期は、
 飲酒が重なります。飲酒が重なった時は、出来れば、付き合いを断る
 勇気を持ちましょう。然し現実的には難しい面もあると思うので、最低限
 アルコールを薄めたり、ウーロン茶にする等の対策は必要です。


 最後に、酒のつまみの選び方についてです。

 お酒のつまみと言う物は、高カロリーな物が多く、また、アルコールが
 入ると、無意識の内に、高カロリーなつまみを食べがちですが、
 アルコールのカロリーが、すでにあるので、出来るだけ低カロリーの物を
 選びましょう。

 また、高血圧の方は、つまみ類は脂肪にプラスして、塩分も高めの物が
 多いので気をつける必要があります。

 特に、揚げ物系は避けて、良質なたんぱく質を含む食品(例えば、鳥の
 ささみや枝豆(塩分に注意)、冷奴や湯豆腐などの豆腐料理(揚げだし
 豆腐はNG)を選ぶと良いでしょう。

 他には、刺身系ならイカ刺し、マグロ山かけ、わかめや海藻類の酢の物、
 トマトなどもお奨めです。


          スポンサードリンク
  





      ☆メニュー☆

 ☆ダイエット成功の為に!

 ☆肥満予防と対策

 ☆脂肪燃焼とダイエット効果

 ☆間違いダイエットに気をつけよう

 ☆失敗ダイエットとは


 ☆男性のダイエット

 ☆注意!隠れ肥満

 ☆男のダイエット-昼食のポイント

 ☆男のダイエットと外食

 ☆肥満とED~
     健やかな性生活の為に!



 ☆女性のダイエット

 ☆部分痩せダイエットの真実

 ☆不感症と肥満~
     健やかな性生活の為に!



 ☆中高年のダイエット

 ☆内臓脂肪燃焼で肥満対策を!

 ☆肥満と病気

 ☆肥満症とは


 ☆肥満と食事

 ☆ダイエット食の基本とは

 ☆ご飯は太るって本当?

 ☆ダイエットの弊害!
  インスタント&ファーストフード


 ☆ダイエットとお菓子のページ
 
 ☆夜食とダイエット

 ☆お酒の飲み方とダイエット

 ☆ダイエットサプリメントの効果とは

 ☆ダイエットサプリメントと健康食品

 ☆禁煙とダイエット
 
 ☆ダイエットと運動


 ☆ダイエット用語集

 ☆シェイプ・ダイエット用語集

 ☆色々なダイエット法

 ☆ダイエット方法

 ☆肥満と栄養情報

 ☆肥満対策栄養情報

 ☆肥満解消情報

 ☆健康ダイエット情報




 ☆プロフィール&リンク集




Copyright (C) ダイエット情報サロン All Rights Reserved