肥満予防

肥満 予防

ダイエット情報サロン!  ダイエット情報満載で素敵な
    ダイエット生活を応援します!
 スポンサードリンク
 

  健康管理士がお届けするダイエット情報満載の肥満解消サイト
                       
「ダイエット情報サロン!」へようこそ
   
  ダイエット生活を応援するダイエット情報サロンでは、多くの方々のダイエットを失敗させる間違いダイエット情報や
  ダイエットを成功に導く為のダイエット情報を豊富にご紹介しています。

  また、近年では肥満の解消のみならず、メタボリックシンドロームに代表されるような、内臓脂肪等の病気や
  生活習慣病対策等の病気予防を目的として、ダイエットに取り組む男性の方や中高年の方々も増えています。

  当サイトでは、その様な、男性のダイエットに対する情報や中高年のダイエットに関する情報も掲載しています。
  更に、肥満解消を目的とするダイエットには食事もとても大切です。その為、ダイエットと食の関係に対しても
  取り上げていますし、外食や飲酒、喫煙などと肥満の関係も取り上げています。

  また、現在は数多くのダイエットサプリメント等のダイエット関係商品や痩身法も巷に溢れています。
  そして、その中にはダイエットを失敗させるばかりか最終的に健康被害に繋がる情報も溢れています。

  その様なダイエット情報に惑わされない必要があり、その為には肥満の原因やメカニズムなどの、肥満対策に対する
  正しい知識を得る必要があります。それには肥満を予防・解消していく為の基礎となる情報が必要です。

  「ダイエット情報サロン」は、その様なダイエットに対する基礎的な情報から通常では余りご存じない情報まで
  幅広くご用意してあります。そして、ダイエットが成功して健やかな健康生活をお送り頂く事を願って作成しました。

  当サイトを通して一人でも多くの方のダイエット成功のお役に立てましたら幸いです。
  どうぞ、ダイエット情報満載で素敵なダイエット生活を応援するサイト
   「ダイエット情報サロン」をごゆっくりとご覧下さい。

 スポンサードリンク
 
 ダイエット情報サロンHOOM>肥満予防と対策


                

                  肥満予防と対策のページ



   肥満予防と対策についてご紹介します。

  健康的なダイエット生活を満喫するには、肥満の予防が不可欠です。

 そして肥満を予防して行くためには、何故、太るのかと言う事を理解して
 おく事と、太らないように肥満を予防する知識が必要です。

  このページでは、肥満の予防、対策、原因など、ダイエットを成功に導く
 為に知って置いたほうが良い事をご説明します。


  まず、初めに「肥満予防は生まれた時から始まる」と言う事を、理解して
 おいて下さい。

 一般的に「肥満とは、摂取エネルギー(食事で得られるエネルギー)が
 消費エネルギーを上回る為、余ったエネルギーが脂肪として過剰に
 蓄えられた状態」と言われています。

 そしてこの事は、確かに正解なのですが、実は人間には、太り易い体質を
 持つ人と、持たない人がいます。

 そして間違ったダイエットを繰り返す事により、今度は、太り易く・痩せにくい
 体質へと変わっていくのです。

 この太り易い体質かどうかは、生まれてから子供時代をどのように過ごすか
 で、決まります。

  肥満には、体内の脂肪を司る細胞である、脂肪細胞と言う細胞があり、
 その中に、白色脂肪細胞と言う細胞があり、この白色脂肪細胞が、
 太り易い体質になるかどうかを、生後から思春期位までの間に決定します。

 乳幼児から思春期の間の過ごし方を誤る事により、肥満の大きな要因である
 脂肪細胞の数が増えてしまい2~3倍になります。
 脂肪細胞が増えると、太り易く痩せにくい体質に変化して行きます。

 この幼児や子供の肥満を考える上で、話題に上る事の多いテーマの一つが
 両親からの遺伝です。

  肥満と遺伝には様々な学説がありますが、何らかの理由で、遺伝も関係
 すると言う考えが一般的で、特にその影響は父親より、母親の方に強く関係
 すると言われています。

 ある、アメリカの調査によると、両親が肥満だった時に、その子供が肥満児
 になる確率は、父親が40%弱に対し、母親だと60%に上ると言われて
 います。

 その為、妊娠中の健康管理の中に、肥満予防が入るわけですが、実際は
 遺伝より、両親からの食生活などの、生活習慣から来る影響が大きいと
 思います。

 肥満の人には、肥満を作っている生活習慣が必ずあります。

 まず、その様な肥満する為の、生活習慣を改善する事が大切です。

 そして、幼児時代を肥満細胞が増えない生活習慣で過ごすと言う事が
 大切です。

 以前にTVのCMで「赤ちゃんを抱いてあげて下さい」と言うCMがありました。

 幼少期に親から十分な愛情を受けないと、ストレス耐性が低下して様々な
 影響を及ぼします。
 それは人格形成のみならず、肥満にも関係してきます。

  また、子供は大人の何倍も動きます。
 動く事により、筋肉や体の各器官を発達させ、新陳代謝が向上して
 いきます。最近では、この子供の動き(活動)を抑制しようとしている
 人を見かけますが、これも良くありません。

  そして、食事です。バランスをしっかり考え、糖分や脂肪分にも注意が
 必要です。近年は小学生の糖尿病患者や、メタボリックの子供も増加
 しています。

 この様に肥満予防と対策は、実は、お腹の中にいる時から始まり、思春期
 までの過ごし方をどう過ごすかで、太りやすい体質にならない様にすると、
 言う事が第一のポイントです。


  この点がクリア出来ると後は、正しい生活習慣の基に人生を送る事により、
 中高年まではそんなに肥満に悩まされる事は、少ないです。

 そして、中高年になってきて太ってきたら、自分の体に必要なカロリー量が
 少なくなってきたのだと言う事を理解し、食事に気をつけ、軽い運動習慣を
 持つ事により、比較的楽に解消できます。

 何故なら中高年からの肥満は、内臓脂肪型肥満が多く、内臓脂肪は付き易く
 落ちやすいので、ダイエット等で比較的、簡単に解消できるからです。

  問題は、太りやすい体質を持ったまま肥満になった人です。

 この様な人の肥満予防と対策についてご紹介する為に、太りやすい体質とは
 、どのような体質なのかを、簡単にご紹介します。

 太りやすい人と、太りにくい人の違いは、幾つかあります。

  一つは、先程ご説明した肥満細胞の数です。
 これは幼少期の過ごし方で決まる為、ある意味で両親の責任とも言えます。

 他には、太りやすい人は、食べた物をエネルギーに分解して、消費すると
 いう、働きが弱い為同じ量の食事をしても、太りにくい人に比べ、肥満に
 なりやすいのです。

 これは交感神経(自律神経)と言う、神経の働きが鈍い為に起こります。
 更にインスリンと言う、糖尿病に関係するホルモンの働きが過剰(食後の
 インスリン上昇率が大きい)で、太りやすい体質の人は、そうでない人に
 比べ、自律神経系と内分泌系の反応の仕方に違いがあります。

  その為、太りやすい体質の人の肥満予防・対策としては、自律神経の
 働きを活発にして、新陳代謝を上げて、インスリンの上昇を押える様な
 工夫が効果的です。

 インスリンの上昇を押えるには、食事のバランスや取り方が関係しますし、
 自律神経の働きを良くするのは、運動や暖かい食事が役立ちます。

 その為、太りやすい体質の人の、肥満予防と対策は、食生活と有酸素運動
 などの運動習慣を持ち、実行する事です。

 間違っても、安易に、食べないダイエット等の、間違いダイエットに
 騙さないようにしてください。

 只でさえ、痩せにくく、太りやすい体質が、益々進行します。

          スポンサードリンク
  




      ☆メニュー☆

 ☆ダイエット成功の為に!

 ☆肥満予防と対策

 ☆脂肪燃焼とダイエット効果

 ☆間違いダイエットに気をつけよう

 ☆失敗ダイエットとは

 ☆部分痩せダイエットの真実


 ☆男性のダイエット

 ☆注意!隠れ肥満

 ☆男のダイエット-昼食のポイント

 ☆男のダイエットと外食

 ☆肥満とED~
     健やかな性生活の為に!



 ☆女性のダイエット

 ☆不感症と肥満~
     健やかな性生活の為に!



 ☆中高年のダイエット

 ☆内臓脂肪燃焼で肥満対策を!

 ☆肥満と病気

 ☆肥満症とは


 ☆肥満と食事

 ☆ダイエット食の基本とは

 ☆ご飯は太るって本当?

 ☆ダイエットの弊害!
  インスタント&ファーストフード


 ☆ダイエットとお菓子のページ
 
 ☆夜食とダイエット

 ☆お酒の飲み方とダイエット


 ☆ダイエットサプリメントの効果とは

 ☆ダイエットサプリメントと健康食品

 ☆禁煙とダイエット
 
 ☆ダイエットと運動


 ☆ダイエット用語集

 ☆シェイプ・ダイエット用語集

 ☆色々なダイエット法

 ☆ダイエット方法

 ☆肥満と栄養情報

 ☆肥満対策栄養情報

 ☆肥満解消情報

 ☆健康ダイエット情報




 ☆プロフィール&リンク集




Copyright (C) ダイエット情報サロン All Rights Reserved