ダイエット食

ダイエット 食

ダイエット情報サロン!  ダイエット情報満載で素敵な
    ダイエット生活を応援します!
 スポンサードリンク
 

  健康管理士がお届けするダイエット情報満載の肥満解消サイト
                       
「ダイエット情報サロン!」へようこそ
   
  ダイエット生活を応援するダイエット情報サロンでは、多くの方々のダイエットを失敗させる間違いダイエット情報や
  ダイエットを成功に導く為のダイエット情報を豊富にご紹介しています。

  また、近年では肥満の解消のみならず、メタボリックシンドロームに代表されるような、内臓脂肪等の病気や
  生活習慣病対策等の病気予防を目的として、ダイエットに取り組む男性の方や中高年の方々も増えています。

  当サイトでは、その様な、男性のダイエットに対する情報や中高年のダイエットに関する情報も掲載しています。
  更に、肥満解消を目的とするダイエットには食事もとても大切です。その為、ダイエットと食の関係に対しても
  取り上げていますし、外食や飲酒、喫煙などと肥満の関係も取り上げています。

  また、現在は数多くのダイエットサプリメント等のダイエット関係商品や痩身法も巷に溢れています。
  そして、その中にはダイエットを失敗させるばかりか最終的に健康被害に繋がる情報も溢れています。

  その様なダイエット情報に惑わされない必要があり、その為には肥満の原因やメカニズムなどの、肥満対策に対する
  正しい知識を得る必要があります。それには肥満を予防・解消していく為の基礎となる情報が必要です。

  「ダイエット情報サロン」は、その様なダイエットに対する基礎的な情報から通常では余りご存じない情報まで
  幅広くご用意してあります。そして、ダイエットが成功して健やかな健康生活をお送り頂く事を願って作成しました。

  当サイトを通して一人でも多くの方のダイエット成功のお役に立てましたら幸いです。
  どうぞ、ダイエット情報満載で素敵なダイエット生活を応援するサイト
   「ダイエット情報サロン」をごゆっくりとご覧下さい。

 スポンサードリンク
 
 ダイエット情報サロンHOOM>ダイエット食の基本とは


                

             ダイエット食の基本とは!



  ダイエット食の基本についてご紹介します。

  肥満解消を目的とした、減量を行っていく中で、毎日食べる食事に注意を
 払う事はとても大切な事です。
 特に、ダイエット食について、正しく理解する為に、ダイエット食の基本を
 このページでお伝えしたいと思います。

  多くの方がご存知の通り、肥満の原因は、摂取カロリーより消費カロリー
 が少ない、生活習慣の積み重ねです。

 ですから、ダイエット食とは、とにかく摂取カロリーを減らしてエネルギー量を
 減らす事と、思っている方もいらっしゃいますが、この事はダイエットと食の
 関係から言うと、間違いです。

 ダイエット食の基本とは、摂取カロリー(エネルギー量)は減らしても、たんぱく
 質や、ミネラル、ビタミン等の身体に必要な栄養素を、しっかりと摂ると言う
 事です。

 ただ単に、カロリー摂取量を減らせば良いと言うのは、明らかな間違いで、
 この事が進んで行くと、痩せる為には何も食べなければ良い、特定の食品
 だけを延々と食べ続けるダイエット法などと言った、間違ったダイエットを
 行ってしまい、結果的に体調を崩すと言う、結果になってしまいます。

  ダイエット食の基本は、余分な脂肪は溜め込まず、すでに蓄積された
 脂肪を少しずつ減らして行く為に、必要な栄養素をバランス良く、摂取しよう
 と言う事です。

 特に、ビタミンやミネラルと言った、副栄養素が不足すると、身体には様々な
 悪影響を及ぼします。

 この事は、体のメカニズムを考えると分かりやすいです。

 身体を、自動車に例えて説明しますが、簡単に言うと、主食のご飯やパン、
 おかずの肉や魚は、自動車で言えばガソリンに当たります。

 自動車が円滑に走る為には、ガソリンだけではなく、エンジンオイル等も
 必要ですよね。

 このエンジンオイルに相当するのが、ビタミンやミネラルです。

 ですから、健康的なダイエット食の基本の一つとしては、食事の内容が
 偏らないこと、1日3食しっかりとバランス良く食べると言う事です。

 これにより、自動車が円滑に走れるように、私達の体も円滑に(健康的に)
 動くと言う事です。

 特にお昼に外食をしている方の場合は、野菜が不足する傾向にあるので、
 朝・夕食で不足分を補ったり、食べ過ぎた場合は夕食を少なくして、調整を
 しながらバランスを保ちましょう。

  次に、先程自動車の例で説明した、ガソリンに相当する部分ですが、
 これには、ご飯やパン等の主食や、肉や魚と言った様な、三大栄養素が
 入ります。(三大栄養素=脂質、糖質、たんぱく質)

 ここで大事な事は、主食をしっかりと、ご飯等で摂ると言う事です。

 必要なエネルギーを確保して、余分な栄養素を摂りすぎない為にも、
 ご飯やパン等の、主食をしっかりと摂る事が必要です。

 この場合、パンよりもご飯の方が、カロリーは低めですし、玄米ご飯に
 すると、更にヘルシーになり肥満対策に役立ちます。

 次におかずの部分ですが、おかずは、主菜でタンパク質を取って、副菜で
 ビタミン・ミネラルを摂りましょう。

 一日に必要なたんぱく質は、主菜として肉や魚から摂りますが、この時、
 肉や魚は、脂肪の少ない物を選んで、なるべく脂肪を摂り過ぎないように
 します。

 そして調理法は、出来るだけ揚げたり、炒めたりする油料理は避けましょう。

 焼く・蒸す・煮ると言う調理法の中でも、蒸すと言う調理法が、ダイエットには
 最適です。煮るよりも素材の持つ栄養素が逃げませんし、味付けも薄味で
 すむ為、濃い味付けに多い、ついつい食が進んで、食べ過ぎちゃった、
 と言う事も防げます。

 そして副菜で、野菜や海藻類、キノコ類等を摂る事により、ビタミンや
 ミネラルが補給できます。この時、副菜はたっぷり摂っても大丈夫です
 ので、量が少ないと感じる時は、この様な副菜で調整します。

 食のバランスと言う点では、数多くの食品を食べたほうが良いですので、
 朝食で卵、昼は肉、夜は魚と言った様な形で、バランスを取ります。

 また、ダイエット中は脂肪代謝の為に、水分補給が大事になります。
 その為、お茶、みそ汁、牛乳などを飲むようにしましょう。

 また、果物を摂る時は、夕食より朝食後の方が、ダイエット食としては
 適しています。

 また、砂糖と脂肪の組み合わせは、脂肪の分解・燃焼を妨げますので、
 肉料理とアイスクリームと言った様な、食べ合わせはマイナスです。

 この様に、脂肪と砂糖(糖分)にある程度気を配れば、後はそんなに
 気にする事無く、何でも食べましょう。

 余り、食材やカロリーに気を使いすぎると、ストレスなどからドカ食いに
 なったりしますし、食事を楽しむ事が出来なくなり、結果的にダイエットに
 挫折する事になります。

 脂と砂糖と食べ過ぎに注意をしながら、食事を楽しめるようにする事が
 大切です。

 また、過食(食べ過ぎ)傾向にある人は、今迄の食習慣でその様な癖が
 無意識の内に付いていますので、意識的にゆっくりと噛む回数を多くする
 事でもある程度、予防が出来ます。

 また、食事の途中で、少し休憩時間をとるとかの方法も効果的です。

 初めは、食事量が減ると不安感が出るかも知れませんが、これも結局
 慣れです。

 いずれ、少ない量でも違和感が無くなりますので、それまでは、満腹感を
 感じ易いように、ゆっくり食べる、途中で休憩をする等の、方法が
 役立ちます。

          スポンサードリンク
  





      ☆メニュー☆

 ☆ダイエット成功の為に!

 ☆肥満予防と対策

 ☆脂肪燃焼とダイエット効果

 ☆間違いダイエットに気をつけよう

 ☆失敗ダイエットとは


 ☆男性のダイエット

 ☆注意!隠れ肥満

 ☆男のダイエット-昼食のポイント

 ☆男のダイエットと外食

 ☆肥満とED~
     健やかな性生活の為に!



 ☆女性のダイエット

 ☆部分痩せダイエットの真実

 ☆不感症と肥満~
     健やかな性生活の為に!



 ☆中高年のダイエット

 ☆内臓脂肪燃焼で肥満対策を!

 ☆肥満と病気

 ☆肥満症とは


 ☆肥満と食事

 ☆ダイエット食の基本とは

 ☆ご飯は太るって本当?

 ☆ダイエットの弊害!
  インスタント&ファーストフード


 ☆ダイエットとお菓子のページ
 
 ☆夜食とダイエット

 ☆お酒の飲み方とダイエット

 ☆ダイエットサプリメントの効果とは

 ☆ダイエットサプリメントと健康食品

 ☆禁煙とダイエット
 
 ☆ダイエットと運動


 ☆ダイエット用語集

 ☆シェイプ・ダイエット用語集

 ☆色々なダイエット法

 ☆ダイエット方法

 ☆肥満と栄養情報

 ☆肥満対策栄養情報

 ☆肥満解消情報

 ☆健康ダイエット情報




 ☆プロフィール&リンク集




Copyright (C) ダイエット情報サロン All Rights Reserved