肥満と食事

食事と肥満

ダイエット情報サロン!  ダイエット情報満載で素敵な
    ダイエット生活を応援します!
 スポンサードリンク
 

  健康管理士がお届けするダイエット情報満載の肥満解消サイト
                       
「ダイエット情報サロン!」へようこそ
   
  ダイエット生活を応援するダイエット情報サロンでは、多くの方々のダイエットを失敗させる間違いダイエット情報や
  肥満解消を成功に導く為のダイエット情報を豊富にご紹介しています。

  また、近年では肥満の解消のみならず、メタボリックシンドロームに代表されるような、内臓脂肪等の病気や
  生活習慣病対策等の病気予防を目的として、ダイエットに取り組む男性の方や中高年の方々も増えています。

  当サイトでは、その様な、男性のダイエットに対する情報や中高年のダイエットに関する情報も掲載しています。
  更に、肥満解消を目的とするダイエットには食事もとても大切です。その為、肥満と食事の関係に対しても
  取り上げていますし、外食や飲酒、喫煙などと肥満の関係も取り上げています。

  また、現在は数多くのダイエットサプリメント等の肥満解消を目的とした商品や痩身法も巷に溢れています。
  そして、その中にはダイエットを失敗させるばかりか最終的に健康被害に繋がる情報も溢れています。

  その様なダイエット情報に惑わされない必要があり、その為には肥満の原因やメカニズムなどの、肥満対策に対する
  正しい知識を得る必要があります。それには肥満を予防・解消していく為の基礎となる情報が必要です。

  「ダイエット情報サロン」は、その様な肥満解消に対する基礎的な情報から通常では余りご存じない情報まで
  幅広くご用意してあります。そして、肥満を解消して健やかな健康生活をお送り頂く事を願って作成しました。

  当サイトを通して一人でも多くの方の肥満解消のお役に立てましたら幸いです。
  どうぞ、ダイエット情報満載で素敵なダイエット生活を応援するサイト
   「ダイエット情報サロン」をごゆっくりとご覧下さい。

 スポンサードリンク
 
 ダイエット情報サロンHOOM>肥満と食事


                

               肥満と食事のページ



  肥満と食事についてご紹介します。

  効果のあるダイエット生活を送る上で、肥満と食事の関係を理解する事は
 とても大切です。

 何故なら、「肥満症の約7割は、食生活に原因があると言われている」から
 です。

 勿論、食事以外にも運動習慣を持つ事も大切ですが、このページでは肥満と
 食事と言うテーマで、多くのダイエッターさんに役立つ、太らない食べ方、食材
 調理法等をご紹介します。


  現在多くのメディアで、ダイエットに関する情報が氾濫しており、食に関する
 情報も、多種多様の情報が公開されています。

 然し、何事も基本が大切です。ですので、このページでは、肥満と食事の
 中でも特に基本的な事をお伝えします。

 何故なら、基本がしっかりしている事により、情報に惑わされずに済むから
 です。

 まず初めに、肥満と言う状況が、何故起こるのかを振り返ってみましょう。

 肥満のメカニズムは、とてもシンプルです。
 「摂取カロリー-消費カロリー=肥満度合い」これだけです。

 然し、ここで、ダイエット初心者の方は、「摂取カロリー=食べた量」と
 考えてしまいます。

 実は、摂取カロリーは食べた量も当然関係ありますが、それ以上に、食べた
 食事内容と食事に含まれている成分(栄養素)が、大きく関係してきます。
 その為、高カロリー食とか、低脂肪食などと言う言葉があります。

 ちなみに、太ってしまう代表的な栄養素に、糖質(糖分)がありますが、同じ
 糖質でも、お菓子に含まれる糖質と、果物に含まれる糖質、ご飯やパン等の
 主食に含まれる糖質では、随分違います。

 この事は何と無く、感じからでも理解できると思いますが、中にはご飯より
 パンの方が、太らないと思われている方も多いようです。

 然し、明らかに、ご飯よりパンの方が太り易いです。
  (理由については、ご飯は太るって本当?をご参照下さい)

 この様に、肥満と食事の基本を理解せずに、○○ダイエット法や、○○さえ
 すれば、直に-○キロを達成できるなどと言う、情報に振り回される方も
 多くいらっしゃいます。

 そのような事にならないように、しっかりと食事の基本を理解しましょう。


 それでは、具体的にポイントを見て行きましょう。

  ①食事は1日3食をバランス良くしっかり食べる。

   この事は、逆に言うと、まとめ食いやドカ食いをすると、それだけで
   太りますよ。と言う事です。中には一日の総摂取カロリーを決めて置き、
   朝は食べずに、昼を軽く済ませ、夜しっかりと食べると言う方がいますが、
   これは大きな間違いです。

   この事は、お相撲さんが、このパターンの食事スタイルを、太る為に実行
   している事からも分かります。
   同じ量を、3回で食べるのと2回で食べるのでは、明らかに2回で食べた
   ほうが太ります。

   人間の体は上手く出来ていて、食事を摂らず、空腹な状態で、栄養素が
   体内に入ってくると、その栄養素を逃がさずに(燃焼、消費させず)体内に
   溜め込もうとします。

   そして溜め込まれる物は脂肪です。その為、食事は必ず3食摂った方が
   太りません。

   次に食事のバランスですが、肉類や油物を少なくして、その分野菜や
   海藻類を多くする事で、大体はカバーできます。

   この時に気をつけて戴きたい事は、特定の食品だけに偏らないと言う
   事です。よく食事のバランスと言う言葉を聞かれる事があると思います。
   食材には必ず、プラスの面とマイナスの面が備わっていて、複数の食材を
   組み合わせる事により、食材のマイナス面を消して、プラス面を残して
   行き、残された、プラスの栄養素が健康体を作ります。

   そして、この残されたプラスの栄養素の中に、肥満を解消する働きを持つ
   成分も含まれます。
   栄養の事を勉強されている方はご存知だと思いますが、食材に含まれて
   いる、特定の栄養素を効率よく働かせる為に、別の食材に含まれている
   栄養素が必要だと言う事が多々あります。

   この時に、特定の食材だけでは上手く行かないのです。
   ですので、例え、減量が目的でも、ある特定の食材だけを食べるような
   事は、健康上問題があります。

   この事からも、食事はバランス良く食べると言う事の、重要性をご理解
   いただけると思います。


  この、食のバランスをご理解いただいた上で、次に進みます。


  ②食材を選ぶ時は、胃に留まる時間の長い食材や、低カロリーの
   食材を選びましょう。

   胃に留まる時間が長いほうが、腹持ちが良く、体内に脂肪として、
   溜まりにくいですし、何よりも空腹感の度合いが違うので、ダイエット
   ストレスの予防になります。

   具体的には、肉類であれば、鳥のささみや、豚や牛であれば、ヒレや
   モモ肉、魚であれば、白身のさっぱりしている物や、イカやタコ、刺身で
   あれば赤身。主食であれば、パンよりご飯(玄米ご飯であれば尚良い)
   などです。

   また、こんにゃくやキノコ類、海藻、根野菜などは、植物繊維が豊富
   なので、コレステロールや糖質、脂質の排出に役立ちます。


  ③調理法では、油を使う調理法をさけて、カサが増えるような方法を選ぶ。

   これは、例えば、肉や魚を調理する場合は、揚げ物ではなく網焼きにする
   事により、脂を落とすと言う事です。

   また、野菜や海藻類を摂る時は、サラダであれば、ドレッシングに気を
   つけて、煮物は薄味に、みそ汁であれば、出来るだけ具沢山にする事が
   塩分を抑えますので、同時に過食を予防できます。


  ④早食いを防ぐ。

   早食いは、明らかに食事の食べ過ぎに繋がります。
   私達の体は、一定量の食事を食べると、脳から信号が出て、満腹感を
   感じ、食事を終えるようになっています。

   然し、この信号が行き渡るまで、10分から15分位かかるので、早食いの
   人は、食べ過ぎる事が多く、肥満になりやすいのです。

   これを防ぐには、一度に多く頬張らない、意識して噛む回数を増やす、
   などして、ゆっくりと食べるようにしましょう。

   また、本を読みながら食べたり、~しながら食べると、早食いに
   なりやすいです。


  ⑤朝3、昼2、夜1の割合で食べるようにする。

   1日の中で、一番消費カロリーが少ない時間帯は夜です。ですので、
   夕食を一番少なくすることにより、肥満を解消します。

   また、果物を食べる時は、朝や昼の方が良いです。果物には果糖と
   いう糖質が含まれているので、肥満を解消する為には、夜は良く
   ありません。

   朝食べる果物は、金の価値、夜食べる果物は、銅の価値と言います。

  最後に、就寝前の食事は最悪ですので、最低就寝前2時間は食べない
  様にしましょう。

  以上簡単にではありますが、食事の内容やバランスなど、肥満予防に
  役立つ食事の方法についてポイントをご紹介しました。

  肥満を防ぎダイエットを成功させる為には、日々の食事の習慣である
  食生活の見直しは非常に重要です。

  少しずつでもいいですから、毎日の食事内容を改善して、肥満を解消し
   楽しい、ダイエット生活を送りましょう。


          スポンサードリンク
  


      ☆メニュー☆

 ☆ダイエット成功の為に!

 ☆肥満予防と対策

 ☆脂肪燃焼とダイエット効果

 ☆間違いダイエットに気をつけよう

 ☆失敗ダイエットとは


 ☆男性のダイエット

 ☆注意!隠れ肥満

 ☆男のダイエット-昼食のポイント

 ☆男のダイエットと外食

 ☆肥満とED~
     健やかな性生活の為に!



 ☆女性のダイエット

 ☆部分痩せダイエットの真実

 ☆不感症と肥満~
     健やかな性生活の為に!



 ☆中高年のダイエット

 ☆内臓脂肪燃焼で肥満対策を!

 ☆肥満と病気

 ☆肥満症とは


 ☆肥満と食事

 ☆ダイエット食の基本とは

 ☆ご飯は太るって本当?

 ☆ダイエットの弊害!
  インスタント&ファーストフード


 ☆ダイエットとお菓子のページ
 
 ☆夜食とダイエット

 ☆お酒の飲み方とダイエット

 ☆ダイエットサプリメントの効果とは

 ☆ダイエットサプリメントと健康食品

 ☆禁煙とダイエット
 
 ☆ダイエットと運動


 ☆ダイエット用語集

 ☆シェイプ・ダイエット用語集

 ☆色々なダイエット法

 ☆ダイエット方法

 ☆肥満と栄養情報

 ☆肥満対策栄養情報

 ☆肥満解消情報

 ☆健康ダイエット情報




 ☆プロフィール&リンク集




Copyright (C) ダイエット情報サロン All Rights Reserved