肥満症

肥満症対策

ダイエット情報サロン!  ダイエット情報満載で素敵な
    ダイエット生活を応援します!
 スポンサードリンク
 

  健康管理士がお届けするダイエット情報満載の肥満解消サイト
                       
「ダイエット情報サロン!」へようこそ
   
  ダイエット生活を応援するダイエット情報サロンでは、多くの方々のダイエットを失敗させる間違いダイエット情報や
  ダイエットを成功に導く為のダイエット情報を豊富にご紹介しています。

  また、近年では肥満の解消のみならず、メタボリックシンドロームに代表されるような、内臓脂肪等の病気や
  生活習慣病対策等の病気予防を目的として、ダイエットに取り組む男性の方や中高年の方々も増えています。

  当サイトでは、その様な、男性のダイエットに対する情報や中高年のダイエットに関する情報も掲載しています。
  更に、肥満解消を目的とするダイエットには食事もとても大切です。その為、ダイエットと食の関係に対しても
  取り上げていますし、外食や飲酒、喫煙などと肥満の関係も取り上げています。

  また、現在は数多くのダイエットサプリメント等のダイエット関係商品や痩身法も巷に溢れています。
  そして、その中にはダイエットを失敗させるばかりか最終的に健康被害に繋がる情報も溢れています。

  その様なダイエット情報に惑わされない必要があり、その為には肥満の原因やメカニズムなどの、肥満対策に対する
  正しい知識を得る必要があります。それには肥満を予防・解消していく為の基礎となる情報が必要です。

  「ダイエット情報サロン」は、その様なダイエットに対する基礎的な情報から通常では余りご存じない情報まで
  幅広くご用意してあります。そして、ダイエットが成功して健やかな健康生活をお送り頂く事を願って作成しました。

  当サイトを通して一人でも多くの方のダイエット成功のお役に立てましたら幸いです。
  どうぞ、ダイエット情報満載で素敵なダイエット生活を応援するサイト
  「ダイエット情報サロン」をごゆっくりとご覧下さい。

 スポンサードリンク
 
 ダイエット情報サロンHOOM>肥満症とは


                

             肥満症対策のページ!肥満症とは



  肥満症についてご紹介します。

  肥満の為に、ダイエットを行っている人は多いと思いますが、実は、
 肥満には、個人レベルのダイエットで対応出来る程度の肥満と、一つの
 病気と捉え、医療機関で治療を行う必要のある、肥満の2種類があります。

  この内、病院で医師の指導の下に、治療を行わなければならない状態を
 肥満症と呼びます。

 肥満症の場合は、単なる太りすぎとは異なり、専門医の下、入院治療が
 必要な場合もありますので、注意が必要です。


 それでは、これから具体的に、肥満症についてご説明をします。

  肥満症の判断基準としては、WHO(世界保健機構)の定める、BMI測定
 により、数値が25以上であり、尚且つ、肥満が原因となったり、肥満に起因
 して、何らかの健康障害が予想され、減量により改善したり、進行抑制の
 期待ができる、健康障害の場合(この場合の健康障害には、糖尿病、
 高血圧、脂肪肝、高尿酸血症(痛風)、虚血性心疾患(心筋梗塞・狭心症)、
 一過性脳虚血発作(脳梗塞:脳血栓)、無呼吸症候群などが入ります)か、

 内臓脂肪型肥満等のハイリスク型肥満かの、どちらか一つに該当する時に
 肥満症とされます。

  また、日本肥満学会では、肥満症の定義も定められており、肥満症の定義
 としては、肥満症とは、肥満に起因ないし、関連する健康障害を合併するか、
 臨床的に、その合併が予測される場合で、医学的に減量を必要とする病態
 (疾患単位)をいう。とされています。

  少し難しく書きましたが、簡単に分かり易くする為に言葉を要約すると、
 太り過ぎていて(BMI25以上)尚且つ、肥満が原因で、痩せると(減量)
 その病気が予防できたり、進行を抑える事が出来る病気にかかっている
 場合(かかりそうな場合も含む)か、または、同じくBMIが25以上で、
 メタボリックシンドロームでお馴染みの、内臓脂肪型肥満にかかっている
 場合かの、どちらか片方に当てはまると、肥満症と言う事です。

 ちなみに、BMI値が25を超えるだけでは、肥満ではありますが、肥満症では
 ありません。

 しかし、例え肥満症で無くでも、健康上弊害が起こる危険性は高いので、
 肥満解消のための、ダイエットは必要です。

 そして、肥満症の場合は、治療が必要となるのですが、主に食事療法、
 運動療法、行動療法、薬物療法、が行われます。

 以前に、肥満治療の外科的治療が話題になりましがが、通常は、行われる
 事は少なく、先程の基本的な治療の効果が無い場合や、肥満症でも
 高度肥満と言った肥満症の場合に、行われる事が多いようです。

 特に高度肥満の場合は、外来治療では、期待通りの効果が出ない
 こともあり、その様な場合は、入院治療も行われます。

  現在では高度肥満に限らず、肥満症の治療として、最初に入院して、
 専門医の指導の下に、短期間で多く減量をして、その後に外来治療に
 切り替えるという方法も多く見られ、また、その為の医療機関も増えて
 来ました。

 この方法では、肥満症を引き起こす大きな要素である、行動習慣を変える
 事が出来ます。

 また、断食治療の様な、半飢餓状態にして行う治療法もあるそうです。

 この様な、専門的な肥満治療を行う医療機関は、大学病院の内科、
 内分泌・代謝内科、など数多くあります。

 ですので、肥満症が疑われる方は、一度診察してもらい、治療を開始する
 事が大切です。

 その場合、必ず、医師の指導の下に治療法の説明を受け、自分に合った
 治療を行う事が大切です。

          スポンサードリンク
  


      ☆メニュー☆

 ☆ダイエット成功の為に!

 ☆肥満予防と対策

 ☆脂肪燃焼とダイエット効果

 ☆間違いダイエットに気をつけよう

 ☆失敗ダイエットとは


 ☆男性のダイエット

 ☆注意!隠れ肥満

 ☆男のダイエット-昼食のポイント

 ☆男のダイエットと外食

 ☆肥満とED~
     健やかな性生活の為に!



 ☆女性のダイエット

 ☆部分痩せダイエットの真実

 ☆不感症と肥満~
     健やかな性生活の為に!



 ☆中高年のダイエット

 ☆内臓脂肪燃焼で肥満対策を!

 ☆肥満と病気

 ☆肥満症とは


 ☆肥満と食事

 ☆ダイエット食の基本とは

 ☆ご飯は太るって本当?

 ☆ダイエットの弊害!
  インスタント&ファーストフード


 ☆ダイエットとお菓子のページ
 
 ☆夜食とダイエット

 ☆お酒の飲み方とダイエット


 ☆ダイエットサプリメントの効果とは

 ☆ダイエットサプリメントと健康食品

 ☆禁煙とダイエット
 
 ☆ダイエットと運動


 ☆ダイエット用語集

 ☆シェイプ・ダイエット用語集

 ☆色々なダイエット法

 ☆ダイエット方法

 ☆肥満と栄養情報

 ☆肥満対策栄養情報

 ☆肥満解消情報

 ☆健康ダイエット情報




 ☆プロフィール&リンク集




Copyright (C) ダイエット情報サロン All Rights Reserved